現実世界と異世界

アニメでは現実世界を舞台としたものと、異世界を舞台としたものがあります。

そしてその中間(現実世界っぽいけどちょっと違う)のものもあります。

この中間のものが自分は苦手です。

現実では起こらないようなことが起こったときに、この作品の世界では普通のことなのかそうではないのかが分かりにくくて小さいことは気にせずにスルーするべきなのか迷ってストーリーに集中できなくなるからです。

謎が出てきて、どんなトリックなのかと楽しみにしていたら超能力的なことでがっかりすることもあります。

現実世界か異世界かはっきりしている作品が自分は好きです。

 

2019年冬アニメの感想

2019年冬アニメを全部最終回まで見終わったのでそれぞれひとこと感想を書きます。

 

エガオノダイカ

良作か駄作かで言えば明らかに駄作ですが、以前も書いたように個人的には嫌いじゃないです。

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

良かったです。

ビジネス的にも上手いなあと思いました。

OPが鈴木雅之でそれだけでも話題になるし、他のアニソン歌手や声優と違ってテレビ番組に出るのでそれで知って見始めた人もいるでしょうね。

EDのロトスコープも話題になりましたね。

わざわざ全編神作画にしなくても、EDだけでもすごいのを作れば話題になるということが分かりました。

本編が面白くなかったらこういうことやっても人気にはならないんですけど。

 

荒野のコトブキ飛行隊

1話がすごく早口で聞き取るのが大変でしたが2話以降はマシになりました。

5話あたりまで世界観の説明がほとんどなくて、そういう作品は苦手なのでこのまま最終回まで行くのかと不安でしたが違ったので良かったです。

放送前から期待してて、途中までは期待外れだったかなと思いましたが期待どおりでした。

戦闘機のCGもキャラのCGも良かったです。

手描きが良かったっていう人もいますが、下手に手描きでやるよりはこのCGの方が良いと思います。

 

ドメスティックな彼女

こんなに性的描写があるアニメを見るのは多分初めてなので楽しめました。

PlayPicがどういうものか気になるんですけどまだ情報が少ないですね。

ダウンロードできるってなっていますがサービス終了したりしても見られるのでしょうか。

もし見られて、値段がもっと安ければ買うかも知れないですね。

 

ブギーポップは笑わない

雰囲気は好きなんですけど話が分かりにくかったです。

夜明けのブギーポップが比較的分かりやすかったので一番好きです。

たまに作画がイマイチな話数がありました。

良い話数はすごく良いだけに目立ちますね。

 

約束のネバーランド

登場人物が皆頭がいいのでストレスなく見れました。

頭がよすぎてたまに話についていくのが大変なときもありましたが。

 

レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~

途中からゲームを始めました。

ほとんどアニメオリジナルの話だったんですね。

ゲームにある話でもゲームでは事件を解決したらあっさりと終わってしまいますがアニメでは事件の背景も少し分かるようになっていて、ゲームを先にやってた人でも楽しめるのは良いなと思いました。

毎回話の流れが同じなのでちょっと飽きてきたところで、いつもの流れとは違う話がたまにあったのも良かったです。

ただ事件の原因などに無理のある話も多いですね。

ゲームもそうなので仕方ないですけど。

あと気になったのが誰をターゲットにしているのか分かりにくい点ですね。

大人じゃないと理解できなさそうな話もあるのに、明らかに子供受けを狙ったようなシーンもありました。

親子で見てもらいたいってことなのかもしれませんが、どっちかに絞っても良かったと思います。

手塚治虫の日本映画史上ベスト10、1位の「七人の侍」を見た

手塚治虫が選んだ日本映画史上ベスト10、1位の「七人の侍」を見ました。

ちなみにランキングの中で知ってるのは「七人の侍」と10位の「ゴジラ」だけでした。

「面白い」か「面白くない」かで言ったら確実に「面白い」です。

でも、もっと面白い日本映画はあるし、このシーンは要らないんじゃないかとかもっと短くしても良いんじゃないかと思うところもありました。(上映時間は207分)

とは言っても、一つの映画の中に色々な要素が入っていてもし自分が映画学校の先生だったら授業に使うだろうなと思ったので日本映画史上1位に不満はありません。

たぶん手塚治虫も単純に面白さとかだけで選んでいるわけではないでしょうね。

今年はアニメ映画が多い

今年公開されるアニメ映画、多いですね。
テレビシリーズの劇場版やOVAを除いても
バースデー・ワンダーランド:4月26日
プロメア:5月24日
海獣の子供 :6月7日
劇場版 誰ガ為のアルケミスト:6月14日
きみと、波にのれたら:6月21日
天気の子:7月19日
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー:8月2日
二ノ国:夏
HELLO WORLD:9月20日
空の青さを知る人よ:10月11日
BLACKFOX:秋
HUMAN LOST 人間失格:2019年
この世界の(さらにいくつもの)片隅に:2019年
こんなにあります。
まだ増えるかもしれません。
噂通り「君の名は」のヒットで企画が通った作品が完成してきたってことですかね。

2019年春アニメ

4月から始まるアニメで見るものを決めました。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
世話やきキツネの仙狐さん
Fairy gone フェアリーゴーン
ぼくたちは勉強ができない

これに加えて「なつぞら」も見ます。

ドラマはもう2年ぐらい見ていないと思います。単発は去年見ましたけど。

 

ハイスコアガール」と「はたらく細胞」の2期が決まりましたね。

どちらも人気だったのでやるだろうと思っていました。

見るアニメの選び方

もうすぐ春アニメが始まりますね。
とりあえず1話は全部録画して良かったものは2話以降も見るという人も多いですが、僕は事前にPV等を見て見るものを決めて全話見るというやり方です。
1話がイマイチでもこれから良くなるかもと思って続きも見てしまうタイプなので、始めから見るものを絞っています。
デメリットはヒットする作品を見逃してしまうことですね。
ヒットするものは大抵1話から格が違いますから。
今は春アニメで見るものを選んでいます。
書いていて思いだしましたが、4月から初めて朝ドラを見るのでアニメの数を減らさないといけませんね。
ただでさえ4月から忙しくなりますし。

安さ重視の原画コレクター

セル画展示即売会に行ってきました。

でも何も買いませんでした。

僕は自称原画コレクターなんですが、セル画は保管が大変なので対象外です。

原画とかあるかな~?と思って行きましたがほとんどありませんでした。

そして高い!

1万円未満のものも少しはあったんですけど、僕はとにかく安さを重視してるので原画何十枚とかならともかく数枚以下で5000円以上のものは眼中にないんですよ。

逆に売る側からしたらお前なんか眼中にねえよって話なんでしょうけど。

ここでは何も買わなかったんですけど、他の店でいろいろ古書とか買いました。